FURAIBO225、運用率3500%にもかかわらずローリスクの投資法!

FURAIBO225、日経225の先物取引「ミニ株」を利用することで、小資金から始めることができます。運用率3500%という爆発的な利益を短期間で上げることができますが、ローリスクです。

日経225miniとは


 日経225miniも日経225も先物取引です。日経225miniなどの先物取引は、
価格変動による損失の回避(リスクヘッジ)のために考えられた取引です。
日本では天候変動によって、収穫高や値段が変わる米相場に由来します。


 日経225miniの先物取引は、日経225の将来の値段を予測して、
上がると思えば買って(買建)、転売して決済します。
下がると思ったら、売って(売建)、買戻しにより決済します。
これらの取引をすることによって、売買差益を得ようとする取引です。


 日経225(日経平均)とは、日経新聞社が選んだ225社の株価を
ダウ平均株価の算出方法を基にした計算方法で算出した指数のことで、
日本経済や日本企業の姿を反映していると言割れています。



 日経225株価指数は、東証1部に上場されている、
市場を代表する225種の銘柄から算出されます。


取引するのは、この日経225と連動している日経225先物です。
日経225先物の取引単位は「枚」と数えます。
先物取引ですから、取引を始めるには証拠金が必要です。
取引時間は日経225よりも10分だけ長くなっていて、15時10分までです。



 先物取引というと、連想するのは商品先物取引です。
商品先物取引は、例えば、金(ゴールド)という商品の
将来の売買価格を現時点で決めて、その価格に基づいて
売買する契約(約束)を交わす取引です。


先物取引の定義は、それが商品(金やプラチナなど)でも、
株価指数(日経225先物や日経225miniなど)でも同じです。


PageTop

リンク集

PageTop